キャクター紹介
ガキ夫
1970年代の「週刊少年マガジン」を代表する大ヒットギャグマンガ 「メッタメタガキ道講座」の主人公。ワルくて、たくましくて、スケベなガキ。「鼻血ブー」「オラオラオラオラオラ」「じゃかーしゃい」「オドリャー」など、 数々の流行語を生み出す。
ムジ鳥
「メッタメタガキ道講座」で初登場。流行語にもなった「アサーッ」という雄叫びをあげる鳥。頭に日の丸をさし、 朝であれば「アサーッ」、昼間なら「ヒルーッ」、夜は「ヨルーッ」と物語の冒頭で時間を告げる。名前の由来は、 「無地な鳥」だから、という説が有力。
ムギギ
「ド忠犬ハジ公」の実質的な主役ネコ。図々しく、のりかずの家にいそうろうしているが、本人は自由人のつもり。 両親が天敵で、いつもだまされては皮をはがれて丸裸にされてしまう。
のりかず
「ド忠犬ハジ公」に登場する、マンガ家志望の浪人生。ムギギに振り回される、かわいそうな青年。
ハジ公
「ド忠犬ハジ公」の主人公、の筈なのだが、ムギギばかりが活躍し、すっかり脇役に追いやられている。飼い主ののりかずには忠実な、谷岡ヤスジの住人にしては、珍しくまともな、犬らしい犬。
ペタシ
「アギャキャーマン」「ベロベーマン」などに登場する、腰巻をまとっただけのおじさん。実はT大卒の哲学者。 ペタシ、ペタシと足音を立てながら登場し、なにごとか哲学的な言葉をつぶやき、何処へともなく去っていく。
ページのトップへ
タロ
「アギャキャーマン」「ベロベーマン」などに登場する、「村(ソン)」の住人。木陰に座り、キセルをふかす牛。 達観しているかと思ったら、煩悩・欲望丸出しになったりと、正体がつかめない存在。
アオ
「村(ソン)」の住人。妻帯者だが、母ちゃんに良く出て行かれてしまう。息子に人生を諭そうとするが、中身の無さ をすっかり見抜かれている。
タゴ
「アギャキャーマン」「ベロベーマン」などに登場する、「村(ソン)」の畑を耕す農業の青年。タロやアオにからか われながらも、一生懸命(助平に)生きている。
バター犬
「ばたあいぬ」ではなく、「ばたあけん」。バターを背負い、美人のサービスをするために現れる、かなりのテク ニシャン。カナイ(家内)は「マヨ」という、マヨネーズを背負った犬。こちらは殿方用らしい。
花っぺ
「村(ソン)」のヒロイン。さまざまな男・オスたちから狙われるが、その都度、機転をきかせて逃れている。しか し時々、彼らの毒牙に……。
じっつぁま
「村(ソン)」の住人。ボケているせいか全くしゃべらず、ジェスチャーだけでタロやタゴたちと会話をする。 時折、正気に戻っているようだが、ボケぶりは変わらず。
ページのトップへ
携帯サイト
漫画を読むんだもんね
DVDもあるよ
グッズ紹介
トピックス
コメント
mixi 谷岡ヤスジコミュニティー
版権窓口はこちら
ソニー・デジタル
トップページ